オプションヘッジで勝つ

オプションは利用する事も大切ですが、何よりも出来高と建玉はオプション取引を行っていない人でも注目するべきポイントです。なぜならば、プットやコールの建玉動向で相場が大きく変動する場合が多いからです。

日経平均を例にあげて例えるのならば仮に現在の値段が9000円で8500円のプットの建玉が多い場合で、日経平均が500円下落して8500円になってしまった場合は、プットを売っている投資家は先物でヘッジをかけてきて、更に下落に拍車がかかるからです。コールの場合は、これの逆となります。

オプションの魅力は信用取引と違って、先物と同じで証拠金取引となるから即日決済が可能という点が非常に魅力的です。例え小額であっても1日に何回も繰り返し売買が出来る事がポイントです。

しかし、欠点もありますオプションの場合は源泉徴収が出来ないので確定申告での申告となるので株式のような安い税率は適用されない点は厄介です。他にも、オプションはコールやプットを買う分には損失は買った分以上損をする事はありませんが、コールやプットを空売りしている場合は損失は株の空売りとは比較にならない位の桁違いの損失が出る場合があります。

場合によっては、買い気配で値がつかずに値段がついた時には自分が空売りかけた金額の数百倍にもなってしまう場合もあるので注意が必要です。

最新人気ランキング